明け方の物語

・*★うさぎダンボール秘密基地★*・

22:54 07月10日   []
影絵遊びと雑記

r0012649.jpg

自然光でも滑らかに見えるよう塗りなおしをしている
という記事を書こうと思っていたのに
日中うっかり写真を撮るのを忘れてしまったので
影絵遊び。

r0012651.jpg

むか~しむかしあるところに鳥居があったんじゃ。

r0012658.jpg

きつねが来て鳥居を食べてしまうので
困ったとさ。
めでたしめでたし。

さて、最近ふいに心境に変化があり、
もっと表面を滑らかに塗ろう、と思いました。

前に大きな変化があったのは、ダンボールそのままの色だったのを
墨で塗り始めたときです。
今回はさらに、表面を丁寧に塗っていこうという気持ちになりました。

普段なるべく自然のままのものが好きで、
でもそういう気持ちで作ったものをアートみたいな場所に出すとき、
いけばなをしている人のところへわざわざ行って
「私は野原に自然に生えてる草のほうが好きだわ~」と言うような、
きれいにメイクをしている人のところへ行って
「私はノーメイクの人が一番きれいに見えるわ~」と言うような、
自分がその道の人たちを冒涜する存在になっていないか
心配になることがあります。
それで、あなたたちのフィールドを尊重しているからこそ
私はそちらに踏み込んでいきません、というサインのために
作るものに粗雑感を残しているという気持ちもありました。

これからもその気持ちはなくならないと思いますが、
今回はそんな理屈も超えて、もっと質感が滑らかなほうがいいはずだと
思ってしまったのです。

ライブの背景として、照明をより効果的にみせるための細工
という制作開始当初の役目から
自然に、徐々に卒業できていってるのかな、という気もします。
多少は私ひとりでやっているという当事者意識が
高まったのかもしれません。

名前: コメント内容:
QLOOK BLOG
携帯向け RSS ATOM GoogleSitemap 管理ページ